読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじっこに置いといてください。たまに読んでください。

日常の感じたことや出来事をつらつらと。20歳になりました

カレンダー

カレンダーのアプリを開いて明日の予定を消した

 

ほんとは消したくなかったけれど

 

ひらがな2文字の予定

昨日の記事に出てきた2文字ではないよ

 

 

 

 

 

ほんとはまだ消せてないんだ。 

 

 

 

月は綺麗だよね

好き

って

携帯で打つと

すき→好き

って変換で

画面に触れる回数は3回だけで

下手したら

す→好き

のパターンもある

ただでさえ

ひらがなでも、漢字使っても2文字の短い言葉なのに

携帯を使うと簡単に言え過ぎてしまう

紙に書けば

まあそれなりの時間がかかって

好き   の対象をイメージできるけど

その時間が与えられずに画面に打ち出された

好き   に果たして気持ちが乗り切るのだろうか   と

す→好き   のどこに   好き   を感じる余地があるのだろうかと

お得意の非合理思考を張り巡らせて

眠る前に窒息しかけたりする

だけどそんなことは   好き   の対象がいるから思いつくことであって、今だから味わえる歯がゆさなのかと思うと趣深くもある

 

好きを他に言い換えることができないか考えて

夏目漱石

月が綺麗ですね

なんてのを思い出した

はじめて聞いたときは

おー、すごい

と思ったけれど

最近は

月はいつでも綺麗だよな

と思っていた

だけどこの前品川で彼女と2人で見た月は

昨日1人で帰りがけに見た月よりも綺麗だった

 

あぁこれか、月が綺麗ですね、か

 

ふんだ、なんだかんだ、くさい文章だ、

ちん毛

ジョニーデップの名言で「2人好きな人が出来たら後から好きになった方を選びなさい、ほんとに1人目が好きなら2人目は現れないから」的なのを聞いたことがあるのだけど

それを少し弄ったりょうせんしゅバージョンを昨日の夜風呂で思いついたんだ

「2人好きな人が出来たらお風呂で下の毛を剃っているときに思い浮かべた方を選びなさい、下の毛の処理は好きな人のためにしか出来ない唯一の気遣いだから」

って

御察しの通り風呂で「ちんちんのおけけ」を剃ってて思いついたんだけど、、

もちろん全部ツルツルにはしてない

マネーボールをツルツルにして足の付け根のよくわかんない毛を退けた

最初は習慣でやってたけど

やっぱりいろいろ思いが浮かんでくるのね

 

ちんちんは感情と欲求のスイッチだね!

 

あぁ、なんて下品なことをGWの初日から書いているのやら

だけどまあたまにはいいでしょう。

新緑深緑侵略

大学のイチョウ並木はいつの間にか緑色になってて

心地よい風と遠くから香るタバコの匂いが

まさしく春って感じだ

つい一週間前の夜は上野の公園でおしゃべりしながらぷるぷる震えてたのに

今日は半袖で歩き回ってる

きっと一週間前のイチョウ並木は茶色かった

なにをしててもなにが起きても心地がいい

春。

current mood

 人と人との面倒ごとに挟まれて、面倒ごとが何に起因しているのかも教えてもらえず

 

こういうことがすごく嫌いなんだと思った

 

僕の説明書に一項目追加だ

 

自分を何かの物語の中心人物だと思ってる人間の舞台に引きずり出されたみたいだ

鬱陶しい

 

自分の物語を人の物語と

必要な時に優しく混ぜて

必要なくなったら優しく離せられない

人が苦手なんだ

 

人を許可なく自分の物語に混ぜ込むなって言いたいわけです

 

人の物語を覗かないから浅はかでつまらない人間になってしまうんじゃないかと

 

まあ人生やら価値観やらを「物語」なんてかっこつけてツラツラ書いてる自分も大概だとは思うけどね

 

 

人との価値観の違いに気がつけない、受け入れない人がきつい

 

まあ、それも僕の価値観の押し付けなのかもしれないね。

 

 

 

 

 

欠席連絡

電車に乗ってから部のメーリスを開いて

欠席連絡

を書いた

いろんな心配事が押し寄せて来ていて

体は練習に向かっているけど気持ちは全く入っていない

電車はもう多摩川を跨ぐところだ

やる気のない人間が練習に来ても邪魔だろう

今からでも

欠席連絡

送信して引き返そうかと思ってる

最近は練習もつまらないし

何をしても身が入らない

練習をしている間は心配事から逃れられるから

体を練習に向けているけど

 

あぁ、今日は休んでしまおうか。

ちびっこギャング

むかしむかし、とある幼稚園にりょうくんというちびっこギャングがいたそうな、、

 

⚫︎ 休み時間に友達に三輪車を漕がせてその後ろに乗って園庭を暴走

⚫︎ キノコの形の家的なやつの屋根に隠れて休み時間が終わっても出て行かず先生に見つかってチャイムが聞こえなかったと言い訳

⚫︎ よだれを垂らす友達に「よだれ垂らしたら遊ばない」と宣言し先生に怒られるも友達のよだれを止める

⚫︎ 友達のカズマくんが持ってきたガムをこっそり噛んでバレそうになって吐き出して遊んでいた粘土に混ぜる

⚫︎ スパゲッティを「スパデッキィ」と発音する子をばかにして怒られ「だってこの子スパデッキィのことスパデッキィっていうんだもん」と言い放つ

⚫︎ おままごと中に死んだふりをした友達のちんちんを叩いて大泣きさせ園内を逃げまわる

⚫︎ 幼稚園から帰るタイミングで貰える飴を先生がどこにしまっているのか突き止めて友達のカズマくんと貪り食う

⚫︎ 友達にお弁当のおかずを交換しようと持ちかけ食い逃げする

 

思いだせるだけでもこれだけの悪事を働いていたりょうくんには先生と母親の間での話し合いの末に

シール帳が作られ、

素行が良かった日は「お日さま☀️」シール、

微妙だったら「くもり☁️」シール、

ダメだったら「雨☂️」シールを

はるシステムが作られたんだとか、、

それからしばらく母親がお迎えに来ると先生と3人で「今日のシール」を話し合い、帰りがけの友達の女の子に「今日は☂️だよー☂️☂️!」とヤジられたりして過ごしました

そのシール帳ができてからお日さまを並べることが生き甲斐に変わったりょうくんは

☀️☀️☁️☀️☀️☂️☁️

くらいのペースで1週間を過ごせるほど素行がよく(?)なったそうな

 

めでたしめでたし。