はじっこに置いといてください。たまに読んでください。

日常の感じたことや出来事をつらつらと。20歳になりました

らすとてぃーん

10代最後の日ということで何か書こうと思い立って画面を開いてから数分
まだ書くことは明確には決まっていない
10代最後の日って感覚がよくわかっていないんだろう
人の決めた時間の区切りだからか
自分が20歳になるって考えるとなにか喪失感というか焦燥感というか

生まれてから20年も生きた実感は無いし

20年の長さもよくわかってない

少し思い出してみたけどまるでタイムラプスの動画を見ているような感覚だった

いろんなところを忘れているのだろう

嫌なことはいつか忘れるっていうけど
良いことも同じだよ

だけど嫌なことだって思い出してみればそこからまたいろいろ思い出したりする
良いことも同じなんだね

20歳になったら1日1日を大切に生きていく
なんて寝たら忘れてしまうような間抜けなことを言うつもりもないし
だから書くこともそんなにないのかな

ただ言えることは
自分のこれまでの20年は周りの人に恵まれてたってことだと思う
幼馴染もその親も小学校の先生に中学校の先生部活の仲間、先輩、監督コーチ、とくに高校に入ってからの友達
ありがたい。本当に。

道を踏み外すチャンスなんて何回でもあったし
踏み外そうと思ったことも何回もあったけどこうして周りの人に恵まれたってことに気がつけたのはみんなのおかげだと思う

世間体を気にする小さい性格のおかげかもしれないけど。。。

ありがとう。これからもよろしくお願いします。
なにか頑張ってみます。