はじっこに置いといてください。たまに読んでください。

日常の感じたことや出来事をつらつらと。20歳になりました

イッツ"嘔吐"マチック

昨日のよる

げえげえ吐いてるときにおもったんだ

もし、僕が死んで、泣いてくれる人がいたとしたら、その人は、僕とのどんなことを思い出して泣くんだろう

って

泣いてくれる人がいたら、だけどね

 

なんか、そんなこと考えてたら

今まで生きててなにか人の役に立つことしたことあったかな

なんて考え始めてしまって

 

よくもまあこんなに浅はかで薄っぺらで利己主義な男が育ったものだと

洗面所の床に倒れながら感心した

 

その後も僕の身体は水さえ飲ませてくれなかった

 

全身の気だるさと腰の痛みにこの身体は僕のものなんだって再認識させられた

 

今も指先は冷たいし

腰もいたい

 

くそったれ。