はじっこに置いといてください。たまに読んでください。

日常の感じたことや出来事をつらつらと。20歳になりました

こんな文章は久しぶり

僕はスターバックスの男性店員が苦手だ

 

いや、"今、東京駅で僕の対応をしたスターバックスの男性店員が"にしよう

 

高身長で、僕のタイプでは全くないがイケメンの部類なのだろう

鼻がすごく高いきのこ頭だ

自分への自信を大きな鼻に掛けて

「アップルパイは温めるとより美味しくなります、温めてよろしいでしょうか」

なんて言ってくる

ものすごく鼻についた

そいつよりも低い僕の鼻に、ついた

アップルパイの件もきっと周りの職場の人間に見せびらかすための得意げなトークなんだろう

会計の961円も

僕が出した千円をすぐに持っていこうとするもんだから

「あ、」なんてダサい声を出しながら僕は急いで小銭を探した

「小銭あるのね、待っててあげる」

そんな声がそいつの鼻から聞こえた気がした

 

ほしい本があって本屋を探したけど電車の中で下調べしておいた本屋はなかなか見つからなくて

僕の知っている東京と東京駅は全く違うと思った

せめてこの空気に負けないようにと

僕にできたことは姿勢よく歩くことくらいだった

 

さて、今からお昼ご飯にフォーを食べて

新幹線に乗って4時間だ

 

いろいろ調べてみたり、切符を何度も見返してみたりしていたのは

1人で4時間も新幹線に乗るのが初めてだからだろうか

 

今日の僕は落ち着きもなければ自信もない

 

革靴のおかげで少し背が高くなっているのが唯一の救いだろう。